売却を依頼する場合、媒介契約とはなんですか?|東京都、千葉県、埼玉県で仲介手数料最大無料の物件をお探しなら株式会社モノホームへ

お電話でのお問合せ

03-6231-3971

【営業時間】10:00~18:00 【定休日】水曜日

売却を依頼する場合、媒介契約とはなんですか?

売却を不動産業者に依頼する場合、締結する契約のことを言います。
この契約は期限が決められており、効力は最大3か月となります。
期限がきましたら再度、書面での更新契約が必要になります。
また媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。

【一般媒介契約】
複数の業者に重ねて媒介を依頼できる制度です。依頼者が自分で買主を探した場合は、その人と契約することが認められます。

【専任媒介契約】
媒介を依頼した業者以外への依頼はできませんが、依頼者が自分で買主を探した場合は、その人と契約することが認められます。
専任媒介の依頼を受けた業者は、7日以内(休業日を除く)に指定の流通機構へ登録し、広く他の業者にも知らせて売買の相手を早く探索することが義務付けられています。

【専属専任媒介契約】
専属媒介と同様に、媒介依頼は一社だけに限られ、しかも自分で買主を探すことはできません。
依頼を受けた業者は、契約締結日の翌日から5日以内(休業日を除く)に指定の流通機構に登録し、契約先を探索することが義務付けられています。
さらに、業務の処理状況を1週間に1回以上、文書で依頼者に報告をしなければなりません。



3種類の媒介契約にはメリット、デメリットがあります。しっかりとご説明をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ